業界・地域に関係のある「法規制」「ガイドライン」等の情報を収集し、接点や対応すべき事柄を整理する。

具体的事例


環境省の「民間参画ガイドライン」策定の情報もあり、いずれ企業にとって生物多様性は重要な課題になると判断した。生物多様性に取り組むにあたり、「メーカーとしての視点」「他団体との協業」「コミュニケーション」の3つの視点を基本としている。(業種:自動車)


閉じる