自社だけではなく、サプライチェーン全体で生物多様性との接点を見出す。

具体的事例


自社で取り扱っている商品の原材料について、その原産地や由来等ついてサプライチェーンから情報を収集し、把握を行った。サプライチェーン全体を視野に入れ、情報の確認や調達方針の策定の必要性を感じている。(業種:流通)


閉じる