サステナビリティを実現するためのテーマの一つが「生物多様性」であると位置づける。

具体的事例


サステナビリティーを目指す上で自社の環境施策を「エネルギー」「資源」「化学物質」「生態系」といった大きなカテゴリーで区分し全体を整理・把握している。これらは相互に関連しているものの、目指しているものは一つ(サステナビリティ)である。従って生物多様性保全は環境施策の大きなカテゴリーの一つではあるが、気候変動対策などとの主従関係はなく、並列の扱いである。(業種:住宅)

実現すべき持続可能な社会像を形づくる環境的要素は、「自然共生(生物多様性・生態系保全)」×「低炭素」×「資源循環型」社会である、と総合的に捉えている。ただし、これらの中でも、生物多様性・生態系保全は最も根本的に重要である、と位置づけている。(業種:食品)

当社は「特徴あるCSR活動」に取り組んできた。この活動のテーマは「持続可能性(サステナビリティ)」。社会の持続可能性に貢献する企業活動を通じて、社会に対する責任を果たすとともに、社会にとって必要とされる企業になることを目指している。(業種:製紙)

生物多様性に関する取り組みは、気候変動をはじめとして他の環境問題への対策を総合的に行わなければならないと考えている。(業種:緑化事業)


閉じる