生物多様性は、複数の並列する重点課題の1つとして位置づける。

具体的事例


温暖化対策、生物多様性保全、省資源の3つを重要視している。相互の関係も認識しているが、それを意識した取り組みの整理には至っていない。(業種:建設)

環境マネジメントシステムの中の重点課題として、「地球温暖化防止」「資源の循環」「有害物質の管理」「生物多様性保全」の4つを設定している。(業種:建設)

環境管理規定の下に「生物多様性細則」を制定し、エコガード活動(企業活動に伴う環境負荷を可能な限り低減する取り組み)のひとつに位置づけた。他には、「温暖化防止」、「廃棄物リサイクル」、「化学物質」、「公害防止」があり、並列にならべた。(業種:印刷)


閉じる