この取組みが、社会の持続可能性にとって必須であることについて理解を得る。

具体的事例


生物多様性への取組みが、社会と企業のサステナビリティにとって必須であり、企業としての自社の存在意義である、という説明を行い、理解を得た。(業種:食品)

持続可能な企業経営を考えた場合に生物多様性の保全・持続的な利用を積極的に取組むことは必須であり、また社会の方向性も大きく向き始めていることを説明した。(業種:電機)

紙製品や林産物を扱う企業としての社会的な責任を経営トップも認識している。(業種:流通)

生物多様性保全に取り組むことは、持続可能な社会の発展に不可欠な要素であることを、都市と農山村をつなぐプロジェクト等具体的活動と実績を示すことで、理解してもらっている。(業種:不動産)

特徴あるCSR活動では、中長期的な視点で森を適切に管理することを通じて、顧客、地域社会をはじめとするステークホルダーの持続可能性の向上に貢献できることを願っている。(業種:製紙)

社会的要請に関する情報をインプットする。「愛知ターゲット」「名古屋議定書」等の情報を共有する。(業種:-)


閉じる