自社(自社グループ)の研究部門・専門機関と連携し、現状の把握と分析・評価を行う。

具体的事例


関係会社のシンクタンク機能を活用した。(業種:金融)

WWFジャパンにより開発された「林産物調達チェックリスト」(木材原料の原産地までの“トレーサビリティ”と“森林管理の適切性”を確認し、環境・社会的にリスクの高い原料を排除する仕組み)を活用し、評価している。(業種:製紙)

水源涵養活動を進めるにあたっては水源地帯を特定して、グループの研究所による水門調査を実施している。水の成分分析や地下の地質・地層の調査、工場と周辺の井戸情報などにより、どこからどのような地層を通って、どのくらいの歳月をかけて流れてきたのかなどを推定している。(業種:飲料)


閉じる