中長期の「あるべき姿と比較してギャップが大きい領域」の優先度を高くする。

具体的事例


生物多様性への影響が大きい領域、中長期のあるべき姿と比較してギャップが大きい領域の優先度を高くしている。(業種:電機)


閉じる