従業員をボランティア活動に派遣することで、自分ごと化を促す。

具体的事例


自然保護ボランティア活動への参加を推奨している。(業種:電機)

社会貢献活動の一環として森作りや植栽などの活動を行っている。これらの取り組みを通し、社員啓発が図られていると思う。これらの活動は、地域やお客様と触れ合う機会でもある。社員のモチベーションも必然的にあがっていく。(業種:電機)

自社が保有する自然学校の運営に社員が携わっている。お客様の喜ぶ姿に直に触れることで取り組みのモチベーションが更に上がるという好循環を生んでいる。温暖化対策における「やらされ感」に比べて、生物多様性の保全活動は創意工夫の余地が大きく楽しさを感じられるようだ。(業種:電力)

実際の活動(自然とのふれあいや保全活動)に従業員を積極的に参加させ、実体験として学ばせている。批判的な意見もでるかも知れないが、従業員自身が考えるきっかけになっている。(業種:電力)

植林活動、干潟の湿地保全活動に参加し、啓発を図っている。(業種:化学)

森林保全活動を実施し、草刈・間伐が多様な植物を育む森につながることを学んでいる。(業種:商社)


閉じる