定期的に進捗を報告する仕組みをつくる。

具体的事例


部門長が集まる会議で施策の進捗を毎月確認している。(業種:緑化事業)

社内の関連部署が横断的に参加する専門部会(生物多様性部会)においてレビューを実施している。(業種:建設)

年に4回、定期的に開催するCSR委員会で取り組み施策の報告を実施。その後評価を行い、現在の活動が社会的要求に合致しているかどうかをチェックしている。(業種:住宅)

環境負荷低減に関しては、年一回経営層に成果と課題を報告している。(業種:化学)

主に取扱い商品の関係になるため、商品開発会議やEMPの中で定期的な確認を行っている。(業種:流通)

年2回開催するCSR委員会で、進捗状況の確認を行っている。(業種:製紙)

社長を議長とした「環境戦略会議」を社内に設置し、その下部組織である「環境戦略検討委員会」にて環境全般の情報集約から社内の発信などを実施・管理を行っている。(業種:広告)


閉じる