• TOP
  • JBIBについて
  • JBIBの活動
  • 会員企業
  • 生物多様性入門連続講座
  • 連絡先
  • English

「JBIBいきものDays2019」開催のお知らせ

一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)は、2019年3月1日から6月30日の期間で、会員企業が保有する緑地や地域の緑地において、生物多様性を体感できる『JBIBいきものDays』を今年も開催します。。

愛知目標にも掲げられた「生物多様性の主流化」を実現するために、目標年の2020年に向けて様々な主体が取り組んでいますがその進捗は必ずしも十分とは言えません。生物多様性の保全と持続可能な利用を社会経済活動に組み込み社会に浸透させていくために重要な、都市生活者の生物多様性に対する知識と関心を高めるためには、私たち企業こそが主体となることが期待されています。

その一つの試みとして、2017年度からJBIBは会員企業が保有する緑地や地域の緑地において、いきものモニタリングイベント「JBIBいきものDays」を開催しています。昨年は全16社合計2,477名(内、子ども991名)の方が参加し、すべての緑地を合わせて約220種のいきもの(植物110種以上,鳥類23種,昆虫60種以上など)が観察されました。
2019 年度も引き続き、各地でモニタリングイベントを実施するとともに、「『グリーンウェイブ』オフィシャル・パートナー」*としての役割を継続し、植林および育林活動を含めて「JBIBいきものDays」を実施します。今年度は、新たに「JBIBいきものイベント」の開催と合わせて、話題となっている外来生物についても関心を高める機会とします。

【JBIBいきものDays 2018の様子】

*「グリーンウェイブ」オフィシャル・パートナー

環境省、農林水産省、国土交通省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)が、2019年3月1日から6月15日までの期間、国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2019」への参加と協力を広く国内に呼びかけている。UNDB-Jは、新たな促進策として、「『グリーンウェイブ』オフィシャル・パートナー」の任命を実施し、国連生物多様性の10年の最終年である2020年に向けて「グリーンウェイブ」への参加呼びかけをさらに強化するもの。

「JBIBいきものDays 2019」開催概要

◇内容 : 各社の企業緑地や所有林および公共緑地等で生物多様性を体感できるイベントを開催。全イベント終了後にその内容を集約し、JBIBから情報発信を行う。

  • 1)期間 : 2019年3月1日~6月30日内に1日(1回)以上開催
  • 2)会場 : 各社の緑地や所有林、または自社近くの公共緑地、 活動をサポートしている森林等
  • 3)対象 : 各社従業員又は市民(近隣にお住まいの方など)
  • 4)内容 : いきものモニタリングを含む生物多様性関連行事、 植林および育林活動を含む生物多様性関連行事
  • 5)参加費 : 無料

◇参加企業 :

  • イオンモール株式会社、イオンリテール株式会社、花王株式会社、 株式会社グリーン・ワイズ、清水建設株式会社、住友林業緑化株式会社、 JXTGエネルギー株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社竹中工務店、株式会社地域環境計画、凸版印刷株式会社、 三井住友海上火災保険株式会社、森ビル株式会社、 リコーグループ(50音順)

◇主催 :一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ


◇開催内容:詳細はこちら